SSブログ
前の6件 | -

学びの原点 [◆教育の役割 「教育は日本を変える」]

 子供のころ、どんな学びをしていましたか。

 小学生の時から必死になって勉強をしていましたか。
 小学生の時に高校受験のことを考えて勉強していましたか。
 小学生の時に自ら勉強をしようと言う気持ちがありましたか。
 小学生の時にテストの得点が低くて悩みましたか。
 小学生の時にテストを目標に勉強をしましたか。
 小学生の時に学校や学習塾の宿題以外の勉強をしていましたか。

 少なくとも、私は全てNOです。

 ですから、子供たちに「勉強しなさい」とは言えません。

 「勉強が嫌い」と言われれば、「そうだよね」と共感してしまいます。

 だから、学ぶことの大切さと学ぶことの楽しさを伝えます。

 訳の解らない勉強を毎日何時間も続けることは辛いですよね。

 ところが「こんなことがあるんだ」と新しいことを知り、「ああ、そうだったんだ」と理由が解り、「だから、こうなるんだ」と自ら新しい発見をする。

 楽しいですよね。

 こうなると、全てのことから学べる人間になっていきます。

 世の中は沢山のことで満ち溢れていて、全てが学びにつながります。

 同じモノを見て、同じハナシを聞いて、同じコトを体験してもそこから感じることや考えることは人それぞれれです。

 ですから、その感じること考えることのレベルを上げることができれば、人はどんどん成長していけると私は考えています。

 それが、学びの基礎基本です。

 子供たちの考えを聞くと、教えないと私が思いもつかない発想をするこが沢山います。間違っていても構わないのです。正解でなくても良いのです。それを受け止めて、そこを伸ばしていくことができれば子供たちの可能性は無限大です。

 「どうしてだめなの」と言われ、「規則だから」とか「テストで荘書くとバツになるから」とかでは子供たちの能力は埋もれたままになります。

 私は受験指導が大嫌いです。

 「これは入試に出ないから」と言って、どんなに子供たちが疑問に思っても、どんなに興味を持っても受験生への指導をためらい、直前では絶対に話はできません。

 それに対して、受験をしない小学生は入試に出るとかでないとかではなく、面白いこと興味があること楽しいことに食らいついてきます。それが中学校の内容でも高校の内容でもです。興味がわいたことは高校の内容でも小学生は理解してしまうから驚きです。

 学びの楽しさを感じて、「なぜ、なに」を大切に子供たちの興味関心を高めて上げることが我々の出来ることであり、それが学びの原点であると思います。

 そして、子供たちは教科書内容も入試の内容もうまく学べるようになっていくのです。

 もちろん、一生涯学べる人間に


コメント(0) 

いつから高校受験の勉強を始めるか④:高校受験勉強における学び [★勉強・受験 「授業・勉強法・受験作戦」]

【高校受験勉強における学び】

 学びのポイントは、①良い考え方が身についているか、②抜けなく本質を理解しているかどうか、と前述しましたが、受験勉強の開始時期よりも、こちらの方が大切ではないかと思います。

 いくら早く始めても先を考えない学習は無駄としか言いようがありません。中学3年生から始めても、この2つのポイントが身についている子は充分に上位校を目指すことができます。


 良い考え方が身についているかと言う点は、その学習単元や学びの目的を把握し、学んだことが知識としてのみならず知恵として活用できるかどうかということです。知恵として活用するためには理由が説明できることが大切です。

 そのためには、正解してもそれで満足せず探求心を持ち続けることです。話の聞き方やノートの取り方も重要です。謙虚さと素直さがある子は伸びていきます。


抜けなく本質を理解しているかどうかと言う点は、まず学びの抜けが無いこと、100%とは言いませんが大切な(そこが解らないと次につながらない)単元の抜けは問題です。

 しばらくすると忘れてしまうという人は本質の理解不足です。

 本質の理解不足は抜けを作ります。理解していれば覚えることは少なくなり、覚えていないので忘れないのです。


表面上の理解と深い理解は異なります。表面上の理解はやり方の説明はできますが、理由を説明することができません。

 深い理解は理由を説明することができ、他のことと結びつけて理解しているために、さらに多くのことに活用できるようになります。


受験のための学習を始めるのが、早ければ早い方が良い理由は、抜けなく本質の理解をするためです。 
 
 大切な単元の抜けを無くし学びを次につなげられるようにすること、そのためにはまんべんなく学習するのではなく、その子に合った緩急をつけた学習をしたいところです。
 
 教科書や問題集通りというわけには行きません。その子に合う学習と言うのは、今までの学習状況と現在の状況、そして今後の目標となる成績や学力を踏まえた上での学習です。

 本質を理解するということは言い換えると今の学習を捨てることにもなります。今の学習と言うのは目先の得点や成績を上げるための学習のことです。

「とりあえず、ここを覚えておけばテストはできる」という学習です。一時的に得点は上がりますが、その後が続かなくなり中学3年生の成績(=入試に関係する成績)も伸びず、学力もつかないということになりかねません。

 今の学びは将来の為の学びであるはずです。学びの考え方は未来のための考え方であるはずです。
 いくら早く受験勉強を始めても、そこを考えた勉強でなければ効果を得ることはできません。今の勉強がどの単元にどのようにつながるのかを意識して学びたいところです。


 小学生、中学1,2年生は基礎基本の徹底理解。質の高い学びと意識を身に付けていくことが未来の可能性を広げるはずです。

 質の高い学びとはハイレベルの学習とは異なります。ハイレベルの学習で伸びていける子は、やり方を覚えるのではなく問題の内容を理解していくことができる子です。

 やり方を覚えていく状況があるとしたら危険信号で、取り組む姿勢から見直しが必要となります。

 基礎基本の徹底理解ができればハイレベルな学習にも自然と結びついていくのです。


 小学生や中学1,2年生のテスト結果や成績は数字の裏側にある、本質の理解度を見ることが大切です。

 点数が悪かったり、簡単なところが間違っていたりすると親は心配になるのは当然です。逆に点数が良いと嬉しくなりますし安心もすると思います。

 しかし、どこをどんな理由で間違っていたのか、どこをどんな理由で正解したのかが大切です。本人に説明してもらい理解しているかどうか確認すると良いと思います。

 ただし、説明をしているようで、理由が言えず解き方を手順に従い語るだけならば理解しているとは言えません。


 我々は一生涯成長できる人間を育むことを目標としています。

 実際にいぶき学院の塾生は成績も学力(偏差値)も中3の最後が最高になっています。それは開設以来20年以上、現在も継続している記録です。

 どんなことでも“基本”で決まります。土台がしっかりしているからこそ高く高く積み上げることができるのです。


コメント(0) 

いつから高校受験の勉強を始めるか③:高校受験勉強の開始時期 [★勉強・受験 「授業・勉強法・受験作戦」]

【高校受験勉強の開始時期】

 早ければ早いほど良いが結論です。

 では、「本格的に始めるのはいつから?」と考えると、時期的にはまず小学5年生、次に中学1年生、中学2年生の夏休み前、中学3年生となるかと思います。

 学びのポイントは、①良い考え方が身についているか、②抜けなく本質を理解しているかどうかではないでしょうか。

 2つのポイントが充分であるならば中3からでも都立の上位レベルは可能です。


 時期的なところですが、小学5年生の理由は学習内容が、具体的思考から抽象的思考に変化していく学年だからです。抽象的な概念は当然解りにくく、算数では分数の通分と約分、三角形、四角形の面積、速さ、割合等の今後の学習に影響を及ぼす単元が出てきます。ここで、概念の理解を怠り公式や解法を覚えて解くようになることが問題なのです。親もどうしてもやり方を教えてしまいがちなところであり注意が必要です。

 中学1年生からは、小学校の学習を踏まえた学習となるために、小学校で解らなくなっていた学習を取り戻せるチャンスでもあります。又、中学では小学生の時に学んでいない、どうしてそうなるのかという理由も考えていくことになります。チャンスではありますが、あまりにも小学生の基礎ができていないと学習についていけないのも当然のことです。

 中学2年生の夏を過ぎると、それまでの基礎的な学習から入試に直結する学びに変わっていきます。そこで学力をつけていければよい形で中学3年生に結びつくはずです。

 中学3年生の内申点が志望校の合否に関係します。中学2年生まではやる気がどうしても出なかった子が、やる気になる時期だからこそここで気分一新して受験に向かうことができるはずです。


まとめ・・・高校受験に備えた勉強は早く始めることに越したことはありません。タイミングは様々ですが、どちらにしても本人の気持ちが一番大切です。ご家庭で話し合われて本人がやる気になった時が受験勉強の開始となるのではないでしょうか。ただし、勉強で少し苦しんでいるようならば、早めの治療が必要となります。


つづく



コメント(0) 

 いつから高校受験の勉強を始めるか②:志望校の決定 [★勉強・受験 「授業・勉強法・受験作戦」]

【志望校(受験校)の決定】

 中学入学時(品川区では7年生開始時)に志望校を決めておくことは問題有りませんし、いぶき学院の塾生でも最初から行きたい高校を目指して合格した子もおりますのでむしろ良いことかと思います。

 しかし、高校のことを良くわからない状況で志望校を決めることはできません。


 内申点が合否に関係のない私立トップ校を志望する場合は別です。なるべく早い時期に志望校を決めて受験勉強に取り掛かることです。

 その場合、学習塾では中学校での授業よりかなりハイレベルでかなり速いペースで学習を進めます。内容も進度も中学校に合わせず定期試験の対策も行いません。

 しかし、そのような学習が必要な子は全体から見ると僅かであることは間違いのないところです。


 受験校の最終決定は中3の12月となりますので、中1、中2の間は高校の説明会や行事に参加して色々な高校があることを確認し、将来のことも考えて高校でどんなことをやりたいのか、どんな生活を送りたいのか、その先の進学も含めて考えてみることで充分ではないかと思います。


 高校受験は中学受験とは異なり、本人の意思がかなり反映される志望校選びとなります。親から見るとまだ頼りない子が将来を夢見て、高校生活を考え選ぶことになりますが、大人(親・中学・塾・高校の先生)のアドバイスや先輩の話などを参考にして自分で決めて受験することは子供たちの成長につながるはずです。


 中3の夏休みに中学校から、学校説明会へ行くように言われることが多くなっています。それでも行かない子は行きません。つまり、中3の7月の時点で半ば半強制的に促されないと説明会へ行かない。

 夏が明けても行かなくて、行きたい高校ではなく入れる高校を選ぶことになってしまう子がいるということです。


まとめ・・・中1,2年で志望校をいくつか考えておくことは良いことです。それが目標となり学力や内申点アップにつながるからです。そして、少なくとも中3の夏を過ぎて志望校が全然解らないという状況は、受験勉強にも差し支えますので避けるべきです。内申点が高校受験に関わるとお話ししましたが、1学期の内申点(2期生の中学でも最近7月に仮の内申点を出してくれている)が出た段階(7月から)で、頑張って合格できる高校の説明会や相談会に行き志望校を選んでいくことをお勧めします。


つづく




コメント(0) 

2021年度東京都立高等学校願書取り下げに思う [★勉強・受験 「授業・勉強法・受験作戦」]

 今年度の都立高等学校入試も新型コロナに振り回されている。

 都立高校は一旦願書を提出した後、倍率を考慮し願書取り下げし再提出をすることができる。つまり、倍率が高く合格が難しいと判断したら合格基準が低い高校や低倍率の高校にシフトすることが可能だ。

 昨年度の願書提出は2/5,6で、願書取り下げが2/12であった。提出の翌日に発表となる倍率を見て5日間ほど考える期間があった。

 ところが今年度は、願書提出が1/29~2/4と期間が長くなり締め切りも1日前にずれた。ところが倍率の発表は2/9の夜。次の日中学校へ行き先生相談するにしても、次の日が祝日の為10日しか相談できない。しかも2/10から私立高校の入試が始まり、そこから数日の間に都立高校受験生は私立高校の受験もするというタイトなスケジュール。

 これでは、充分に考えて志望校を変更することもできない。
いぶき学院の塾生は全員と話をして取り下げなしで収まったが何とかならなかったかと思うばかりである。



 さて、願書の取り下げについてだが、

 模擬テストの結果を踏まえて当日の得点を推測するわけだが、今年度の模擬テストは家庭受検が主となったため、精度がいささか不安であるのだが信じるしかない。都立は内申点で30%が決まってしまうので、残りの70%を予想することになる。各高校の合格基準より低く倍率が2倍を超えている場合は厳しい状況である。合格基準の内申点や偏差値前後の人が受験するため、合格県は実は不合格圏であることを忘れてはいけない。合格県は合格確率が60%であり不合格確率40%なのだ。だから合格圏にいる受験生が合格者と不合格者に分かれる。倍率が高くなると合格圏前後の受験生が多く殺到しており、1問の差が順位に大きく関わるチャンスゾーンでもあり危険ゾーンでもある。

 厳しいと思うのは、基準より50点以上低い時、基準より低く倍率が2倍を超えている時だろうか。
以前より都立高校の特色が出てきていると思われる現在、合格基準だけで簡単に志望校を変更するということにはなれない状況もあり、悔いの残らない受験をしたいという子が増えたと感じる。

 つまり、A高校を第一志望としたとき、①A高校を受検して不合格となった場合と、②ランクを下げてB高校に願書を出し直して合格した場合、③B高校に願書を再提出して受験をしたが不合格となった場合を比べて・・・

 A高校のまま受験する条件は、①悔いはない、②嬉しくない、③悔いが残る
 B高校に再提出の条件は、①悔いが残る、②嬉しい、③B高校で不合格ならばA高校に受かるわけがないと納得できる。又は②嬉しい。

 A高校に受かる確率が極めて低い子が、不合格でも「悔いはない」と言っていて、不合格後に「初めから無理だと思っていた」と言うのなら、A高校は受けてはいけないと私は思う。

 受験するからには絶対合格するという強い意志を持ち、最善を尽くすことが大切であると思う。これからの人生でも「無理だと思っていた」と言い訳をするようになるか、言い訳をせず精一杯頑張れるようになるかの方が、受験の合否よりもよっぽど人生を左右するではないだろうか。


 全受験生にとって人間的成長ができる受験であることを切に願う。

コメント(0) 

いつから高校受験の勉強を始めるか①:高校受験概況. [★勉強・受験 「授業・勉強法・受験作戦」]

 中学受験でも大学受験でも言えることですが、今の状況と志望校によって受験勉強の開始時期は大きく異なります。

 もちろん普段の勉強も学校の試験対策の勉強も全て受験勉強と言うこともできます。ここまでは学校の勉強、ここまでは受験勉強と区切ることも難しいことではありますが、まず高校受験概要からお話致します。


【東京都の高校受験概要】
都立高校と私立高校に分類して考えてみます。一部の高校では以下に当てはまらない場合がありますが、それは特別な高校であり殆どの場合は該当しますので、高校受験についての概要はお分かりになるはずです。

◆.都立高校は推薦入試と一般入試があります。推薦入試は内申点(中学校の成績)、個人面接、作文・小論文と集団討論(令和3年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止)で合否を決定します。一般入試は内申点30%と当日の入試得点70%で決定します。

◆私立高校も推薦入試と一般入試があり、推薦入試は基準となる内申点が有りそれに達していれば高い確率で合格となります。一般入試は原則として当日の入試の得点のみで合否を決定します。また、私立高校には他の高校に不合格した場合に併願優遇入試制度により、内申点の基準を満たしていればこれも高い確率で合格となります。推薦入試や併願優遇の基準となる内申点に満たない場合でも、検定、生徒会役員、委員会、部活動、皆勤や精勤等を加点してもらえることがあります。私立の推薦入試は学力検査がない学校が多いのですが、学校によっては学力検査を行い不合格となることがある等、私立高校の入試は各学校が工夫を凝らしたものとなっています。ただし、一部私立のトップ校は推薦入試が無く内申点は影響されず、学力のみ合否を決めることになりますが、そのケースは殆どの高校受験生に当てはまりません。

まとめ・・・都立推薦入試は内申点、一般入試は内申点と入試得点が共に重要。私立推薦入試は内申点、一般入試は入試の得点で決定。結論として・・・都立高校が第一志望であっても、私立高校が第一志望であっても学校の成績を確保しつつ学力をつけることになります。
.

つづく


コメント(0) 
前の6件 | -